Breast Cancer Screening

乳がん検診について

自覚症状(乳房の痛み、胸や脇のしこり、乳首からの分泌物など)がある場合は保険診療になります。来院時は健康保険証をお持ちください。
自覚症状がない場合、保険の適用外になるので、自費診療になります。
検診は自覚症状のない場合に、健康診断やがん検診を自身の負担で行うものです。

◎福岡市による乳がん検診(対象者のみ)

検診内容
・満40歳代の女性 視触診+マンモグラフィ 1500円
・満50歳以上の女性 視触診+マンモグラフィ 1200円


福岡市検診はオプションで超音波検査の併用をお勧めしています。
超音波検査のオプション 3500円

◎クリニックオリジナル乳がん検診(保険外診療)
*当日結果説明します


・視触診+マンモグラフィ(両側2方向撮影)+超音波検査 10000円
・視触診+マンモグラフィ(両側2方向撮影) 6500円
・視触診+超音波検査 5500円

Inspection

検査について

※当院で行う検査は、全て女性の認定技師が対応します
マンモグラフィ
乳房に対するレントゲン検査です。
圧迫板で乳房を押さえ平たく引き伸ばした状態で撮影する検査です。左右それぞれを縦横2方向から撮影します。痛みに関しては個人差がありますが、圧迫時間は短く通常では我慢できる程度の痛みです。心配な方はご相談ください。
超音波検査
超音波を乳房に押し当て、乳房内を詳しく調べる検査です。また痛みもなく放射線も使用しないため20歳代の女性や妊婦や授乳中に有効です。
マンモグラフィと超音波検査のどちらかしか発見できない乳がんもあるため、当院では併用を勧めています。
CT・MRI検査
良性、悪性疾患の鑑別や、乳房内の病巣の広がり、リンパ節や遠隔転移の有無を調べるための検査です。近くの提携病院での検査となります。
穿刺吸引細胞診、針生検
乳房のしこりや分泌物などが、どのような病気によるものかを判断するための検査で、細胞や組織を直接採取します。強い痛みを伴う場合は局所麻酔を行い、超音波でしこりを確認しながら、直接しこりに針を刺します。針を刺した部分い血腫ができることがありますが、自然に吸収され消失します。検査は外来で行います。
外科的生検
小さな手術で組織を採取する方法です。診断がつきにくい場合に多くの組織が必要になる場合に行います。